アミールsが製造中止の理由はなぜ?類似品を紹介

アミールsは、血圧高めの方におススメの乳酸菌飲料です。

ボトルも200mlの持ち運びやすいタイプと、家庭常備用の一リットルパックがあります。

でもお店で見つけられなくて困ったりしていませんか?

お店にアミールsがないのは商品に問題があったから?と不安になりますよね。

こちらの記事ではアミールsがなぜ販売されていないのかをご説明していきます!

口コミと類似品もチェックしていますので、ぜひ一読してみて下さい!

アミールsが製造中止の理由はなぜ?

結論ですが、アミールsは2018年9月で製造終了していて、大手ネット通販などでも購入できません。

その理由は改良品が発売されたから。

製造終了した年と同じ3月に「アミールやさしい発酵乳仕立て」という商品が発売され、バトンタッチする様にアミールsは製造終了したようです

アミールsは200ml入りなのに対し、アミールは100mlと摂りやすく、持ち運びにもよりコンパクトになっています。

アミールsは「酸っぱい」といった意見も多かったのに対し、アミールはまろやかな味に改良されているようですね。

血圧の上昇を抑えるラクトトリペプチドの成分は変わらずなので、アミールsからアミールへ乗り換えて飲んでも問題なさそうです!

アミールsの口コミ評判を調査

ここからはアミールsの良い口コミ、悪い口コミを紹介していきます。

悪い口コミ

・カルピスの仲間なのに酸っぱい

カルピスの味を連想しながら飲むと、酸味が入っていることで驚くかもしれません。

酸っぱい味が良いとの口コミも有り好みは分かれるようです。

・量が多い

1本200mlというと少量なイメージですが、内服感覚でサッと飲むイメージだと多く感じるかもしれません。

個人的に朝の飲み物感覚だと少しお腹に溜まるのでこの量がピッタリなのですが、私の胃が大きいからかも…。

良い口コミ

・効果がわかる

飲み始めてしばらく続けた後、飲むのをやめると血圧が不安定になって再開したという口コミがありました。

効果がないという口コミもありますが、6ヶ月続けて効果を感じた方や3日で効果を感じた方もいて、かなり個人差がある印象です。

・美味しいので続けやすい

1日200mlを毎日続けるには味も大事です。

口コミの中には、効果は感じないけど美味しくて飲んでいるという方もいました。

まったりとした甘さでなくサッパリ飲める所が続けるポイントのようですね。

効果を期待して身体に取り入れる食品は価格も味も続けやすい事が1番です。

アミールsはそういった点でポイントが高い商品と言えます。

アミールsの類似品を紹介

アミールsは製造終了してしまいましたが、ここからはそれに変わる類似品をご紹介していきます。

血圧に効果が期待できるという点に着目していきます!

アミール

先程もご説明したように、アミールはアミールsから改良された商品です。

味もまろやかで飲みやすく、血圧の上昇を抑えるラクトトリペプチドも含まれています

量もサッと飲みやすい100mlで、より小さいボトルになっているのでカバンに入れても邪魔になりませんね。

ヤクルト プレティオ

100mlの量はアミールと同じで、血圧降下作用の成分にはGABAが含まれています。

GABAはストレスにも良いと言われているので一石二鳥ですね!

ヤクルトは各地域で宅配サービスが受けられるので、欠かさず飲みたい方には便利ですよ。

森永トリプルヨーグルト3300円24本(1本138円)

トリペプチドM K Pという成分が高めの血圧を下げる効果を発揮します。

トリプルヨーグルトには血糖値と中性脂肪に作用する難消化生デキストリンが含まれていて1つで3役にもなってくれる商品です

味の評価も良く、価格や量も続けられそうな商品です。

サプリメントタイプも取り扱っている商品もあるので、液体より手軽に摂取したい方にはおすすめです。

まとめ

ここまでアミールsの製造中止の理由や口コミ、類似品をご紹介してきました。

まとめますと、、、

・アミールsは製造中止だが改良商品のアミールが発売されている
・酸味のある味、内容量は低評価もあるが、飲みやすさや続けやすさは高評価!
・類似品はそれぞれ高血圧を抑制する成分が違い興味深い!

以上です。

体調を万全にして生活していくのが理想ですが、薬に頼る前に自分でできる健康管理としてアミールsのような商品が活用できるのは助かります。

実は血圧上昇を抑える効果のあるラクトトリペプチドは、動脈硬化予防や運動中の心拍上昇を穏やかにする作用もあるようです

アミールは常温の保存もできるようなので、健康維持のために生活に取り入れていこうと思います。

ここまで閲覧いただきありがとうございます!