きぬの清流の類似品は売っている?口コミ評判についても調査!

・お土産でもらった「きぬの清流」をもっと食べたいな
・「きぬの清流」に似ているようなお菓子があるけど、商品名が変わったの?

そのように考えた経験はありませんか?

今回は、栃木県の銘菓「きぬの清流」とその類似品について、

・きぬの清流が売っている場所はどこ?
・きぬの清流の口コミ評判を調査!
・きぬの清流の類似品は売っている?通販を紹介

公式ページや口コミから、この3つの内容を深堀りしました。

きぬの清流が売っている場所はどこ?

きぬの清流は 地元を中心に流通しています。
公式のホームページに記載されているようですよ。

きぬの清流「販売店」情報

「きぬの清流」の製造元の虎彦製菓は、日光市にあります。

公式ホームページはこちらです。
https://torahiko.co.jp/

会社案内では、取引先などについて掲載されています。
https://torahiko.co.jp/pages/19/

ホームページによると、以下のような店舗で販売されているようです。

・日光、鬼怒川、川治、湯西川、那須、塩原、宇都宮 周辺の販売店
・高速道路PA/SA(東北自動車道:11カ所)、道の駅など

また、以下のようなお店でも販売されています。

・日光街道ニコニコ本陣、市内スーパー
・しもつけ道の駅

以下のようなサイトで販売されていることが確認できました。

また、横浜駅のKIOSKでも販売されているようです。

 きぬの清流「通販」情報

「きぬの清流」は、通販での取り扱いはあるのでしょうか?
調査したところ、以下のサイトで販売が確認出来ました。

・虎彦製菓オンライン
・楽天市場
・日光市ふるさと納税(ふるさとチョイス)

では詳しく見てみましょう。

虎彦製菓オンライン

送料は一律660円で、3000円以上購入で無料です。
支払方法は代金引換か銀行振込となっており、手数料がかかるケースもあります。

楽天市場

商品の値段や送料に、バラつきがありました。
また、大手Amazonでの取り扱いはないようです。(2022.1現在)

 購入するなら?

地元を中心に流通している ことから考えると、栃木県在住者は販売店県外在住者は通販での購入がベストです。

きぬの清流の口コミ評判を調査!

SNSやブログ記事を検索してみると、ポジティブな評価が多いことに驚きました。
高評価と低評価に分けて、ご紹介します。

高評価

高評価の意見として、次のような声が見受けられました。

「何で、もっと早くに出会っていなかったんだ!」と後悔のご様子。
よほど美味しかったのですね。

その他にも、以下のような声が見られました。

・写真と一緒に「美味しかった」と至福の時間を過ごしたと思われる投稿!
・マイご当地推し土産に、きぬの清流に一票!
・家族は全員きぬの清流ファン!
・寅年なので、鬼怒川でおなじみ虎彦さんの「きぬの清流」をいただきます!
・楽天市場の福田屋百貨店さんでの評価:4人中4人とも5つ星を付けていました。

このように、愛を感じる口コミが大多数のようです。

低評価

かなり検索して、低評価が1件ありました。
以下のような内容です。

抹茶といちごを購入しました。
味が古風に感じ、私の口にはあまり合わないようです。

抹茶といちごをチョイスされていることから考えると、洋風なものがお好みの方でしょうか?

■総合的な評価結果

きぬの清流は「美味しかった」という高評価がほとんどでした。
それだけ人々に愛されていると言えるでしょう。
低評価については、味の好みは人それぞれなので貴重な意見ですね。

きぬの清流の類似品は売っている?通販を紹介

きぬの清流に似ている菓子が存在しました。
お取り寄せ情報を中心に、商品をご紹介します。

商品の比較

まずは、きぬの清流について詳しく見てみましょう。
きぬの清流は、昔ながらの味を大切に、新しいものに挑戦しています。

特徴
油脂を使わず、小麦粉と砂糖を卵で焼き上げた和風クッキーに、小豆あんをサンドしたお菓子です。
しっとりホロッと食感で、50年以上の歴史を持つ栃木銘菓となっています。

通販先
虎彦製菓オンライン https://torahiko.co.jp/

値段/送料
8個入り756円、1個94円です。
送料は購入料金3000円未満で一律660円、3000円以上で無料となっています。

販売場所
上記公式ホームページに記載されていますので、ご覧ください。

上記のような特徴を持つ「きぬの清流」ですが、以下のようなお菓子が似ていました。

・きぬにしき
・じゃんがら

ではこの2点のお菓子について見てみましょう。

「きぬにしき」

きぬの清流似の外見となっています。
味の評価は「きぬの清流派」と「きぬにしき派」で分かれるところです。

 

特徴
国産小麦でふっくら焼き上げた生地に、小豆をサンドしたお菓子です。
40年以上の歴史を持つ栃木の銘菓となっています。
全国菓子大博覧会の大賞を受賞し、日光東照宮献上品としても認定されているようです。

値段/送料
8個入り756円、1個94円です。
送料は、購入料金3000円未満は750円から、3000円以上で無料となっています。

販売場所
地元を中心に販売され、4つの店舗で販売されているようです。
高速PA/SA、スーパーなどでも販売されています。

続いて、もう1つのお菓子「じゃんがら」についてです。

「じゃんがら」

いわきを代表する銘菓で、昨年も藤井聡太竜王が食べて話題になったお菓子です。
市長も応援しています。

似ているといった声も見受けられました。

特徴
小麦でサックリ焼いた皮の表面を、砂糖でコーティングして小倉あんをサンドしたお菓子です。
ザックリ・しっとり食感で、70年以上の歴史を持つ福島いわきの銘菓となっています。

通販先
みよしオンラインショップ https://j-miyoshi.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2400789&csid=0

値段/送料
9個入り1,890円、1個210円です。
送料は購入料金5000円以上で無料、5000円未満で770円からとなっています。

販売場所
いわき市に14店舗あり、茨城県に1店舗あるようです。
高速PA/SA、スーパーや百貨店の他、東京でも2か所で販売されています。
詳しくは、公式ホームページにも記載されていますのでご覧ください。
http://j-miyoshi.jp/index.html

三つのお菓子の類似点

今回ご紹介したお菓子に共通する点が見えてきました。

・ 小麦から作った生地で、あんこを挟んだお菓子
・ 何十年も人々に愛され続けている
・ 地元以外は、通販での購入が便利

遠方だったり、近くにお店が無い方でも通販でお取り寄せできます。
是非お試しください。

どれも美味しそうでしたね。

まとめ

遠方のお菓子を食べたくなったら通販が一番です。

私も和菓子が好きで、きぬの清流を取り寄せたことがあります。
探す手間も省けて、注文方法も簡単で、2〜3日で商品が届きました。
味の感想は、お茶請けにちょうど良い甘さで優しい味。ホロしっとりで美味しかったです。

今回は、きぬの清流と類似菓子について調査し、以下のようなことが分かりました。

・きぬの清流は、地元の栃木県内を中心に販売。通販も可能。
・きぬの清流は、「美味しかった」と高評価。SNS上に愛を感じる口コミがいっぱい。
・類似菓子は存在し、地元中心の販売ですが通販で購入可能。

どのお菓子も長年愛されているということや、通販可能ということが分かりましたね。

地元なら送料不要の「販売店」購入がおススメです。
しかし、近所に商品がない場合や流通が少ない遠方の場合は「通販」が便利です。

気になったお菓子を注文して、長年愛されている味を食べ比べてみませんか?